結婚式で着物を着る
2016.11.30

着物サムネイル結婚式の参列者として着物を着る人も増えています。女性の場合は、ドレスが多い中、着物を着ていると華やかになり、新郎新婦の他親族にも喜ばれるでしょう。ただ、なかなか自分で持っている人は少ないでしょう。最近は、インターネットでの購入やレンタルもでき、便利になり利用者も増えています。インターネットのサイトでは、たくさんの量から検索して自分のお気に入りを見つけます。一覧表から、新着順、価格の安い順、高い順と、検索機能も充実しているのが特徴です。クリックしてお買い物カートに入れれば簡単に購入ができます。サイトでは、挙式、披露宴の参列者として合う着付けを掲載しているところもあるので、参考になります。結婚式という場を踏まえて、マナー違反にならないよう気を付けましょう。

インターネットでの購入やレンタル会社は、複数あり、どこを選んだら良いのか迷います。複数の会社を比較することがおすすめです。まずは、信頼できる会社であることが大切です。情報がきちんと載っているか、例えば、購入方法が載っているか、レンタル方法の場合は、期間や返品方法など流れが載っているかを確認します。レンタルで、結婚式場で着付けをする場合は、会場に届けてもらい、終わったらその場から返送するサービスを設けているところもあります。会場ではなくても、近くの美容院を送付先にしても良いでしょう。また、できれば、会社情報までチェックできると安心して利用できます。インターネットならではの、キャンペーンでお得になっていることもあるので、見逃さないようにすることもポイントです。

お店で見られない分、インターネットで着物に関してどのくらい情報が載っているかチェックし、比較することがおすすめです。全体画像はもちろん、色々な角度からの写真や拡大図が載っていると分かりやすいです。また、着用時期や適用年齢、生地やサイズまで載っているかどうか確認します。おすすめの帯や草履、着こなしが載っているとさらに嬉しいですね。レンタルの場合は、装飾品もまとめて貸してくれるところが便利です。着付けを自分でできる人もいますが、なかなか難しいという人も多いでしょう。美容院では、着付けとヘアメイクをまとめてセットしてくれるところもあります。着付けに合わせたヘアスタイルができると見栄えも良くなります。参列者の友人同士で着こなしを合わせる人たちも多いようです。ただし、挙式、披露宴に相応しいマナーで臨みましょう。そうすれば、新郎新婦も喜ばれること間違いなしです。

▲ ページトップへ